FC2ブログ
【稼げる派遣社員になる極意】
某有名大企業を自主退職後 小企業が上場する過程を一通り経験。 以後フリーランサーとなり 高額年収を稼ぎ続ける筆者が 職歴28年で培った 稼げる派遣社員になる極意を伝えていく メルマガの保管庫です。
フリーランスの保障を獲得する方法(前編)

皆様こんにちは。
派遣の達人です。

正社員からフリーランスへ移行すれば
年収が倍増することは分かっていても、

「なかなか、その一歩が踏み出せない!」

・・と思う方は多いと思います。

この不安の主な理由は、
以下の3つが考えられます。

 ◆老後の厚生年金が激減する
 ◆仕事の継続が不安定になる
 ◆病気で長期休養の生活保障


しかし、
どんなに優秀でも
どんなに業務経験を積んでも、
どんなに私のノウハウを学んでも、

フリーランス(個人事業主)に移行しなければ
いつまでたっても
「稼げる派遣社員」にはなれません。


そこで今回は、
前述の3つの不安を100%解消して、
あなただけの「フリーランスの保障」を
獲得するノウハウをご紹介したいと思います。


できるだけ多くの方にご活用頂けるよう、
具体例をあげて詳しく説明していきますので
少々長くなるかもしれませんが、
最後までおつきあい頂ければ幸いです。



=======================
フリーランスの保障を獲得する方法(前編)
=======================

ほとんどの派遣契約業務は、
募集案件ごとに
個別面接が実施されています。

このとき、
クライアントが最も注視するのは
面接者の業務(実務)経歴です。

これは、
どのような分野であっても、
数多くの業務を長年こなしてきた人であれば、

即戦力として一定以上の成果が出せる
実力の伴ったベテラン労働者と
評価されるためです。

逆に、
どんなにスキルの高い人でも、
まだ若く、実務経験が不足していれば
個別面接では不利な立場になります。


つまり、
企業の正社員は、
自分の実力と経験が
ある程度満たされた時期になると、

収入が少ないと感じている人ほど、
「フリーランスはどうだろう?」
・・と考える時期(チャンス)が到来します。

しかし
この時期の正社員の多くは、
 ◆老後の厚生年金が激減する
 ◆仕事の継続が不安定になる
 ◆病気で長期休養の生活保障
・・・の3つのリスクを
解消できない事が多く、

そのままあきらめてしまうケースが
多々見受けられます。


逆にこの時期に、
自分なりの「フリーランスの保障」を
獲得していれば、
何の迷いもなく前へ進めることでしょう。

この不安を払拭するためには、
それぞれのケースを
正しく理解しておく必要があります。

私は、フリーランスになって以来
多くの現場を経験してきましたが、

「この人フリーランスになれば
 今よりもっと何倍も稼げるのに・・。」

・・・と、もったいなく思う正社員を
数多く見てきました。

その中には、
私のアドバイスに耳を傾けて
実際にフリーランスへ
移行された方もいますが、
皆それなりに成功されています。

この、
正社員からフリーランスへの移行は
私自身も過去に通ってきた道であり、

できるだけ多くの方が
迷わず自信を持って進めるように

以降、必要なことを
すべて解説していきたいと思います。

本気で「稼げる派遣社員」を目指したい方は、
必ず、読み飛ばさずに
順番に読み進めていってください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆老後の厚生年金が激減する

 現在の年金の月の平均受給額は以下です。
 ・厚生年金:11万1千円
 ・国民年金: 5万3千円

 厚生年金は多い人でも、20万円程度で、
 国民年金と合わせても、最大25万円程度です。

 すでに衆知の事実となりましたが、
 会社負担の保険料を給与と見る場合、
 1975年以降生まれの人は、
 支払う保険料よりも
 受け取る年金額の方が少なくなりました。

 もちろん、厚生年金は、
 50%を企業が負担しているため、
 自分が直接支払う実費で計算すれば、
 1975年以降に生まれた人も
 まだ受け取る額の方が多くなります。

 ただし、
 これは平均寿命以上に生きた場合です。
 
 人間の平均寿命は保障されていないため、
 年金は必ず元がとれるとは限りません。

 それでも、
 年老いて働けなくなってから
 毎月安定した不労所得が得られることを
 ライフラインと考える人は多いと思います。

 これが理由で、
 フリーランスになることを
 躊躇される方も多いようです。

 ようするに、
 年金でなくても、
 老後にむけて月25万円ぐらいの
 不労所得が確保できてしまえば、
 この問題は一挙解決します。

 このノウハウを、
 フリーランスの保障の1つ目とします。
 (※具体的な方法は後半で解説していきます。)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆仕事の継続が不安定になる

 派遣要員とは、
 元々、企業が一時的にスタッフが必要になって
 生まれた需要です。

 当然、派遣社員の基本は
 短期間の契約業務をつなぎながら
 断続的に仕事を継続していくことになります。

 そして、
 派遣会社の正社員であれば、
 次の仕事は、営業で見つけてきてくれますが
 フリーランスは、
 自分で営業しなければなりません。

 企業の正社員であることに対して、
 これに不安を感じる人も多いと思います。

 しかし、よく考えてみてください。
 1企業の中であっても、
 一生同じ仕事をやり続ける人は稀です。

 仕事なんて、例え同じ企業内であっても
 その時の情勢に共ない変化していくものなので、
 社員は必要に応じてシフトさせられますし、
 会社が不況になれば、
 即リストラも決して珍しくありません。

 ようするに、
 今の仕事の契約が終了しても、
 次の仕事がすぐに見つかるように
 常に計画的にすすめれば良いだけです。
 
 このノウハウを
 フリーランスの保障の2つ目とします。
 (※具体的な方法は後半で解説していきます。)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆病気で長期休養の生活保障

 このリスクは、意外と盲点なのですが、
 フリーランスに限らず
 正社員であっても存在します。

 企業に入社して何年か経過すると
 忘れてしまいがちですが、

 たいていの企業では、
 入社の際に健康状態が良好であり続けることを
 雇用条件の「誓約書」でサインさせます。
 
 もちろん、
 病気になってすぐに放り出されることは
 ないと思いますが、

 大企業といえども
 営利目的が大前提の組織ですから、
 例え健康な社員でも、
 お金の稼げないスタッフは
 常にリストラしたいと
 経営陣は考えているものです。

 もしも、
 半年以上の入院や
 通院による欠勤が増加すれば
 給料や賞与の支給額は最低額へ下がります。

 そして、
 1年以上の入院となれば、
 ほぼ半強制的に休職へ追い込まれるか、
 あるいは早期優遇退職へ追い込まれます。

 もちろん、
 訴訟を起こして休職を撤回させることも可能ですが、
 法律上の労働保証にも限界があるため、
 以前と同等の条件まで復帰できる可能性は
 かなり低くなります。

 仮に最高裁まで戦いぬく覚悟があっても
 その間の生活費や訴訟費用などのやりくりで
 精神的にも疲労しますし、
 勝訴しても会社にいずらい雰囲気になりますので、
 結局、和解金等で退職に追い込まれます。

 ようするに、
 長期入院となっても
 最低限の生活が保障されるような
 不労所得が確保できるか、

 あるいは、入院しながらでも
 最低限の生活費が稼げる方法を
 事前に確立しておけば
 この問題も一挙解決です。

 このノウハウを、
 フリーランスの保障の3つ目とします。
 (※具体的な方法は後半で解説していきます。)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
だいぶ長くなってしまったので、
続きはまた次号でお届けしていきますが、

今回のノウハウの元となっている
「フリーランスの保障」の
「具体的な方法」については、

フリーランスになる
覚悟を決めるためだけでなく、

現状、低所得の社員の方にも
かなり朗報となるノウハウになるはずなので、

次号以降も
できるだけ具体的な手順で
解説していく予定です。

正社員の報酬に
「不満」を感じている方は
このチャンスをお見逃しなく!!




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
長編ノウハウの続きは、以下のメルマガで配信中!

ノウハウの習得と活用期間を考慮して、
週末 1~2通程度
「ゆる~い発行ペース」です。

どうぞお気軽にご参加ください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※現在、メルマガの再配信はしておりません。
 「続編」の 読み忘れ がないように、
 お早目の ご登録 をお勧めいたします。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログでは書けない
稼げる派遣社員の
マル秘ノウハウ
満載

あなたも私のメルマガへ参加してみませんか?
(無料です)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://archive.mag2.com/0001586626/index.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━














アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
51525位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
派遣社員
287位
アクセスランキングを見る>>



★フォロワー募集中★


ブログでは書けない
稼げる派遣社員の
マル秘ノウハウ
満載
あなたも私のメルマガへ
参加してみませんか?

(無料です)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
メルマガ購読・解除
 



プロフィール

派遣の達人

Author:派遣の達人
某有名大企業を自主退職後
小企業が上場する過程を一通り経験。
以後フリーランサーとなり、
高額年収を稼ぎ続ける筆者が
職歴28年で培った
【稼げる派遣社員になる極意】を
伝えていくメルマガの保管庫です。

単純に見えて奥の深いテーマや
どんな職種でも活用できるノウハウ満載でお届けしていきます。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最新記事



カテゴリ



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する