FC2ブログ
【稼げる派遣社員になる極意】
某有名大企業を自主退職後 小企業が上場する過程を一通り経験。 以後フリーランサーとなり 高額年収を稼ぎ続ける筆者が 職歴28年で培った 稼げる派遣社員になる極意を伝えていく メルマガの保管庫です。
「有能な社員」と「無能な社員」
皆様こんにちは。
派遣の達人です。

今回は、

派遣社員を選ぶ側(雇用主)に対して、

自分を高く評価させることで、

契約の長期継続率をアップするノウハウを

1つをご紹介致します。


=======================
「有能な社員」と「無能な社員」
=======================

皆さんも仕事仲間で、

「この人めっちゃ優秀だ!」とか

「こいつ使えない奴だ!」

・・・と思われたことが
1度や2度は、あるではないでしょうか?

人は誰しも、
知らず知らずのうちに、
自分の物差しで
他人の力量を図ろうとするものです。

私の業務経歴の前半約10年は、
派遣社員を雇う側の立場でしたので、
今日は、雇う側の立場で見たときの
「チームに残したい要員」について
まとめてみます。

一般的に、人を雇う側の立場の人間は、
予算縮小で一部の派遣社員を契約解除したり、
会社の経営事情から正社員を
リストラせざるを得ない状況になると、

「誰を削るか」
・・ではなく、

「誰を残したいか」
・・という消去法で選ぶことが多いのです。

これには、
本人の実績(組織への貢献度)、
チームのリーダーの評価(従順性)や、
チームメンバー同士の評価(チームワーク)や、
接客業であれば、お客様の声(外部の印象)
・・・などから、総合的に判断されます。

特に数名以上のチーム単位で
協力して仕事を行う職種の場合は、
ただ知識や技術が高いだけでは
ダメなケースがままあります。

ある程度職歴が長い方は、

「なぜ、あんなに優秀な人が契約解除?」

・・という場面に出くわしたことが
ある方もいるのではないかと思います。


実は、これには、
以下の、とても明確な3つの理由があります。

●1つ、
「無能な者」は、文句を言い、
「有能な者」は、提案をする。

●2つ、
「無能な者」は、怒りをあらわにし、
「有能な者」は、感謝をする。

●3つ、
「無能な者」は、攻撃を優先し、
「有能な者」は、防御を優先する。


この3つを理解するだけで、
あなたも
「有能な社員」(残したい社員)
・・と評価してもらえる可能性が
グっと高くなります。

とても有用なノウハウなので、
1つずつ簡単な例をあげて
以下に解説していきます。


(1)絶対に文句は言わず、提案すること!
 人間は心理的に、
 文句を言われるとネガティブな思考になりますが、
 提案をされるとポジティブな思考になります。
 上司が部下を叱咤激励するときも効果があります。

 ・NGのケース(文句)
 「○○しちゃダメだろ!」
 「○○程度ができないの?」

 ・OKのケース(提案)
 「もっと○○してくれると助かります!」
 「○○できるようになってくれると嬉しい!」

 本人がいないところで、
 他人の悪口を言うのもNGです。

 明らかに冗談と理解できるものは良いのですが、
 たまに、冗談っぽく皮肉をこめて
 悪口を言う人がいます。

 このような人は、たいてい「無能な者」です。
 ただの「無能な者」よりたちが悪く、
 「腐ったミカン」のように、
 周囲にネガティブ思考を伝染させてしまいます。

 あなたが上の立場なら、
 丁寧に助言してあげましょう。

 もし助言できないようなレベルの人なら
 自然にポジティブな話題へ誘導してあげましょう。

(2)他人の助言には常に感謝を!
 仕事の内容がきつかったり、
 締め切り等で精神的にピリピリした現場の場合、
 ミスを強く指摘したり
 理不尽な要求をする人がいますが、

 これに対して、反論するかのように
 激怒する人は「無能な者」です。

 「有能な者」は、どんなに目下の者でも
 自分への意見は、
 ありがたく感謝して聞き入れるものです。

 仕事場で、感情的に切れて文句を言う人は
 他者から信用されず「無能な者」と
 評価されやすいことを理解しておいてください。

 もしあなたが
 どんなに頭に血が上ったとしても、
 チームで仕事をしているときは、
 その光景を見ている第3者が
 常にいることを忘れてはいけません。

 いつも冷静に、前向きな思考で
 他人とコミュニケーションをとるように
 心がけてください。

 普段から、何を言われても、
 「ありがとうございます」
 ・・と返すクセをつけてしまえば、
 自然と相手も
 敬意を表してくれるようになるものです。
 
(3)攻撃より防御が優先
 ただの仕事の話で「攻撃? 防御?」
 ・・・と思われた方もいるかもしれませんが、
 これは、
 物事への対応スキルとお考えください。

 例えば、仕事で重大なトラブルが発生し、
 あなたはとても迅速にそれを解決したとします。

 あなたは、その瞬間、充実感で満たされます。
 また、何度もそのような経験をすると、
 あなたは次第に、
 「この充実感にまた満たされたい!」
 ・・と思うようになります。
 
 このような満足を続ける社員は、
 「攻撃タイプ」です。

 町のチンピラが、 
 「いつでも、こいやー!」
 「返り打ちにしてやるぜー!」
 ・・・と言ってるのと同じ心理状態です。

 これは、雇用者側から見ると
 信頼性をとても下げる結果になります。

 これに対し、「防御タイプ」は、
 1度でも重大なトラブルに遭遇した場合、
 次回から絶対に発生しないように、
 あらゆる手段を検討して、
 再発を防ぎます。

 必要なら、
 上司に業務フローの改善を提案をします。

 特に、
 ランニングコストが高い業務では、
 このような「防御タイプ」の社員は
 非常に「有能な社員」と評価されます。

 
以上、この3つを心がけるだけでも、
あなたの有能社員としてのレベルは、
格段に向上します。

もちろん、
性格や感情には個人差がありますので、
実践が難しいという方も
いらっしゃると思います。

でも、最初は難しくても、
普段から心がけて
1つずつでも行動し続けていけば、
あなたの派遣社員としての周囲の評価は
必ず上昇していきます。

そして、
1度でも良い評価を実感する機会があれば
「もっと継続してみよう!」
・・・と思うようになれます。

あなたが、本当に「稼げる派遣社員」に
なりたいのであれば、
すぐにでも実践をお勧めします。
関連記事

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://mag2info.blog.fc2.com/tb.php/6-b90950b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
51525位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
派遣社員
287位
アクセスランキングを見る>>



★フォロワー募集中★


ブログでは書けない
稼げる派遣社員の
マル秘ノウハウ
満載
あなたも私のメルマガへ
参加してみませんか?

(無料です)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
メルマガ購読・解除
 



プロフィール

派遣の達人

Author:派遣の達人
某有名大企業を自主退職後
小企業が上場する過程を一通り経験。
以後フリーランサーとなり、
高額年収を稼ぎ続ける筆者が
職歴28年で培った
【稼げる派遣社員になる極意】を
伝えていくメルマガの保管庫です。

単純に見えて奥の深いテーマや
どんな職種でも活用できるノウハウ満載でお届けしていきます。



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最新記事



カテゴリ



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する